レーザートーニングでニキビ跡を改善しました。

繰り返しできてしまうニキビ

繰り返しできてしまうニキビレーザートーニングで治療痛みもなく、続けるうちに効果を実感副作用もほとんどなし。自信を持つことができた

繰り返しできてしまうニキビが悩みでした。
その頃、生活習慣が乱れてしまっており、バランスの悪い食事を食べていたり仕事で大きなストレスを抱えていたのも肌トラブルに悩まされてしまった原因だったと思います。
昔のように美しい肌を取り戻したいという気持ちが強かったので、様々なスキンケアを試しました。
美肌効果が高いと言われている口コミで人気のスキンケアアイテムを使用して丁寧なスキンケアを行ったり、サプリメントや美容ドリンクを愛飲して体の中からケアしたこともあります。
しかし、続けてみても効果をしっかり実感することはできませんでした。
どうしても綺麗な肌を取り戻し自分に自信を持ちたかったので、思い切って皮膚科に通ってみることにしました。

ずっと気になっていたニキビ跡がレーザートーニングできれいになった

ニキビにはずっと悩まされ続けてきました。
思春期の頃も皮脂の分泌が盛んでおでこや頬にはいつもニキビができていて、あのころはニキビ用の洗浄力の強い石鹸で毎日ガシガシと洗っていたように思います。
でも、大人になればニキビはもうできないのダルと勝手に思い込んでいたのですが、大人になってからもできたり治ったりを繰り返すしつこいニキビにずっと悩まされ続けてきました。
でも、思春期の頃のニキビとはできる場所が違ってきて、特にひどかったのが口のまわりからあごの掛けてのエリアにできるニキビです。
ここのニキビは生理の周期に合わせてしょっちゅうできたり治ったりを繰り返し、ニキビ用の薬を使ってもひどいときには化膿して重症化してしまうことがよくありました。
気にしないように、なるべく触らないようにと心がけていたのですが、鏡を見るたびに気になるし、普段もつい手がニキビの所に自然に行ってしまうことが続いていて、化膿してしまうことがよくあるようになりました。
そして化膿したニキビが治ると今度はニキビ跡に悩まされるようになったんです。
そして、ニキビが治った後が今度は色素沈着を起こして赤っぽいしみのようなものが残ってしまい、ますます肌が汚くなる悪循環に落ちいてさらに悩みを深くしていました。
大人ニキビ用のスキンケアに変えて、毎日一生懸命に洗顔してニキビ肌のケアを続けていたおかげなのかニキビ自体は徐々に減ってきたのですが、ニキビ跡はなんだかだんだん目立つようになってくる気がして、かなり悩む日々が続いていました。
もう自分でのケアではきれいにならないんじゃないかと限界を感じ、初めて皮膚科に駆け込んでみてもらったところ、ニキビは絶対に潰してはいけないこと、そしてもっと早い段階で皮膚科を受診して適切な治療を受けていればこんなにひどいニキビ跡になることはなかったと先生に叱られてしまいました。
ニキビ自体は皮膚科にもらった軟膏と飲み薬でほとんど完治させることができたのですが、後に残ったシミのようなニキビ跡は友達に勧められた美容皮膚科を受診することになったんです。
美容皮膚科では丁寧にこれまでの経緯を聞き取ってカルテを作ってくれて、私のニキビ跡の改善にはレーザートーニングの治療が向いていると勧められました。
顔などに濃いシミができてしまった時にレーザーを照射してきれいにするというのは聞いたことがあったのですが、ニキビ跡にも効くのかなと思っていたところレーザートーニングは一般のシミ用のレーザーよりも出力の弱いものを使用するのだそうで、いつまでもうじうじと悩んでいるよりもここは思い切って医師の勧めの通りに治療を受けてみようということになりました。
美容皮膚科での治療は初めてだったので、施術のためのベッドに横たわった時には本当に緊張で汗びっしょりになってしまいました。
そんな私の様子を見て先生は「大丈夫ですから落ち着いて」と、やさしく私の緊張を和らげようとしてくださり、そのおかげでずいぶん気持ちが楽になったのを覚えています。
治療が始まると、実際には少しパチッとした痛みを感じる程度で我慢できないほどではなかったのですが、1回目の施術が終わった後は軽く肌がひりひりするような感覚を覚えました。
痛みに弱い人は直接訴えればもっとパワーを落とすこともできるようなのですが、その分効果が出るまでに時間がかかるようになる可能性があるらしいので、我慢できないほどではなかったので頑張って治療を受けました。
これまでに3回の治療を受けたのですが、今のところシミが完全に直ったとはとても言えません。
でも初回の治療の後、家に帰ってまじまじと鏡を見たら、なんだか顔の肌が1トーン明るくなったように感じました。